効果的な宣伝方法

ミュージシャンほどYouTuberに向いている!

投稿日:




この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

動画配信、生配信が無料で使えるのに、なぜもっと有効に使わないの?

こんな便利でしかも無料のツールを使いこなさない方がもったいないです。

特にミュージシャンは、必ずチャンネル登録させて、ファン獲得に一番力を注ぐべきツールではないでしょうか?

お金のないインディーズミュージシャンにとって、無料で使用できるのは、本当にありがたいですよね?

まずは、自分の自信作の動画を挨拶代わりにアップしてみてください。

宣伝すべき、自分のリード曲のプロモーションは早めに作成して、自分の音楽を早めにアピールするようにしてください。

 

注意すべきは毎日同じ時間に必ず投稿すること

自分のオリジナル曲のPV的なものをアップしたら、あとは何でもよいので、とにかく圧倒的な量と数の動画を毎日あげ続けてください。

要は、質やクオリティーよりも、量とボリュームが大事です。

何をアップすればいいのかわかならければ、雑談でもいいです。

ミュージシャンだからといって、音楽ばかりでは、ネタは尽きてしまいますし、雑談や小ネタは、人間性をアピールするのにも良いです。

もちろん、カバー曲などをアップするのもありですが、これはかなりクオリティーが求められます。

つまり、本当のファンがそれを聞いた時に、がっかりさせてしまうと、低評価がつきやすく、動画全体の評価が下がってしまいます。

しかしながら、逆にうまくカバーできてしまうと、ファン獲得もしやすく、ギャンブル的な要素もあります。

なので、カバー曲は絶対の自信がある曲でないと、カバーしない方が良いと思います。

注意ポイント

カバー曲のコツは、モノマネにならないこと。

たとえカバー曲であっても、自分の歌い方で、自分のものにしてしまうほどのオリジナリティー感は必要になってきます。

モノマネをするのではなく、自分の歌い方でしっかりと歌いこなしてください。

もしかしたら、女性の楽曲を、男性がカバーしたり、男性の楽曲を女性がカバーしたりする方が、良い効果が得られるかもしれません。

 

ライブ動画はどんどんアップしろ!

もうライブ動画は、惜しまずジャンジャン投稿してください。

なんせミュージシャンは、聞いてもらってなんぼの世界。

聞いてもらうには当然ですが、自分の楽曲の動画を聞いてもらうのが一番です。

しかし、CDなどの曲をPVにしてアップするには費用と時間がかかります。

それに比べてライブ動画は、撮影してくれるスタッフさえいれば、どんどん流していくことは可能です。

ライブの出来がよかろうが悪かろうが、どんどんアップしてください。

注意

もう一度言いますが、質より量です!

そしてもっと慣れてきたり、協力してくれるスタッフがそろったら、生放送にもチャレンジしてください。

生放送は、当然ライブ中継です。

ライブハウスから生放送すると、大がかりになってしまうので、まずはスタジオライブでよいと思います。

スタジオから生放送で、どんどん流して、その動画もまたアップしておきます。

ミュージシャンはYouTuberにならないとダメ!

まとめると、ミュージシャンこそが、YouTuberにならないとダメです。

もっと具体的に言えば、もっとYouTubeを使いこなせ!ということです。

無料で使えて、しかもミュージシャンには圧倒的有利な条件がそろっていますから、ならないと損です。

圧倒的有利な条件とは、ネタが豊富にあるということです。

困ったら、ライブをやって中継すればいいだけですから。

とにかく音楽を流し続ければいいのですから、芸人が毎日企画を考えるよりは、よっぽどやりやすい条件なはずです。

YouTuberという職業は、実はミュージシャンのためにあるのかもしれません。



-効果的な宣伝方法
-

Copyright© メジャーレーベル不要論~インディーズ革命~ , 2019 All Rights Reserved.