効果的なライブのやり方

売れたいならキチンと歌いなさい!




この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

10代、20代の人には何を言われているのかわからないと思うけど、80年代ロックを知る世代、つまり40代から50代の人なら、わかる話をします。

売れるためには、ボーカルの歌唱力が不可欠です。

 

最悪の場合、演奏が下手でも、レコーディングのときに、演奏はスタジオミュージシャンが演奏すれば、バンドそのものの演奏力は売れる売れないには、たいして影響はしません。

しかしながら、ボーカルの歌唱力だけは隠すことは不可能です。(まあ最近では編集でごまかせたりしますが)

 

今から、プロを目指すミュージシャンでボーカル担当の方は、きちんと歌うことを目指してください。

これは、売れる前でも、売れてからもです。

 

ストレート奏法で、ビブラートなど気にせず、丁寧に歌うことが大切です。

 

とにかく丁寧に歌うことが一番です。

何が言いたいかと言えば、80年代の売れたミュージシャンは、昔は歌唱力があった人が多かったです。J-POPなどは、その代表例でしょう。

 

ハウンドドッグの大友康平渡辺美里TUBEの前田亘輝、そして、長渕剛など。

 

今あげたボーカリストに共通する項目があるのが気がつきますか?

 

それは昔と今では、歌い方がまるで違うということです。

 

昔は丁寧に歌っていたのに、今歌わせたら、演歌調で、コブシ回りまくっていますわ。ロックどころか、J-POPも笑わせてくれるほどです。

 

それ、ロックじゃなくて、演歌やんっ!

 

ツッコミどころ満載ですわ。

松本人志も怒ってますわ!

-効果的なライブのやり方
-

Copyright© メジャーレーベル不要論~インディーズ革命~ , 2019 All Rights Reserved.